大門哲爾 プロフィール  

福井県大野市浄土宗善導寺副住職

1980年福井県大野市「善導寺」の長男として誕生。

大阪府立大学総合科学部人間科学科卒業 佛教大学専攻科卒業

大阪での大学在学中、音楽活動にいそしむ。

「仏教って、明るく生きる為にはいいもんだ。」と目から鱗が落ちる。

 2010年帰郷。 FM福井主催「home town song2010」グランプリ受賞。

       故郷の唄「おおのじかん」、「Hey!天空の城!」を発表。

2011年「子供の寺子屋」、「大人の寺子屋」を開催。

2015年「唄うお坊さん」を開始。唄と法話を織り交ぜて「日常に活かす明るい仏教」を伝える。

2016年「カフェで仏教」を開始。より僧侶と仏教を身近に感じてもらうために町中に出張.

    「ふくい(ひと)の力大賞」グランプリ受賞。

    眠っている自転車を整備再利用する「めぐRe()」開始。

2017年越前大野コンセプトアルバム「おばあちゃんのせなか」制作中

 総本山知恩院布教師、百萬遍知恩寺布教師を拝命。三児の父。

ブログ「みなよろし」

 

 

discography

 

こちらから購入もできます!

だいもんてつじソロアルバム


1st 蝶々結び


余りお坊さん色を出さずに活動していたころの作品。ミュージシャンに憧れていたバンド時代の曲、大阪でソロのライブ活動を行っていたころの曲、FM福井ホームタウンソング大賞、グランプリ受賞曲「田舎に帰ろう」など8曲収録。

故郷への思い、郷土愛が詰まっている。

 

  1.ジャミジャミ

  2.切手の無い手紙

  3.蝶々結び

  4.田舎に帰ろう

  5.廻り道~2012年・初夏~

  6.さよなら、おじいちゃん

   ~僕らの時間は短すぎた~

  7.show time

  8.夏祭り(bonus track)



2nd 太陽の父ちゃん


僧侶であり、二児の父でもある自身の変化が表れている作品。一度聴いたら耳から離れない「たい焼き」。大切な友人の死を歌った「くるりと赤とんぼ」。子供たちに絵本読みをしらせる「絵本の時間の歌」など9曲収録。

タイトルには、太陽の塔みたいにかっこいい父になりたいとおいう想いが込められている。

 

  1.春列車

  2.今宵、雨上りの夜空に

  3.たい焼き

  4.太陽の父ちゃん

  5.廻り道~あめふり~

  6.くるりと赤とんぼ

  7.幸せならば、手を叩こう

  8.夜中に目が覚めた

  9.絵本の時間の歌(bonus track)




3rd MMCD


 コーヒー好きが高じて作ったコンセプトアルバム。カフェで過ごす時間、心持ち、人生を豊かにしてくれる「場所」への願いが込められている。

大野にある「モモンガコーヒー」というコーヒー屋さんのテーマソング「ミノムシ」を勝手に作ったのが切っ掛け。

 

 1.~開店~

 2.ミノムシ

 3.~昼休み~

 4.カケコミカフェ

 5.モモンガコーヒーのテーマ

 6.壊れた傘(bonus track)

 7.あかりにあつまれ!

        ~勝手に「結のあかり」のテーマ~(bonus track)


4th おつきさま


ついに「唄うお坊さん」として活動スタート!!

地元メディアに注目され、お寺以外からも出演依頼が寄せられるようになる。

音楽というツールで仏教に興味を持ってもらう。教えを日常に活かすことを目指した本作。ジャケット裏の歌詞にもぜひ目を通してみてほしい。試聴できます!

 

  1.正直者

  2.お墓参り

  3.ダイイングメッセージ

  4.唄うお坊さんのテーマ

     ~眠たくなったら、唄いましょう!~